/
WINE

函館ワイナリー訪問

2020.7.31

先日は貸切の大型バスで ワイナリー巡り研修に行ってまいりました。 初日は函館の農楽蔵さんでの 畑見学&テイスティング。   ◯2014 norapon blanc りんごの様な爽やかさがスルスルと 呑まさるワイン。 雨の少なく昼と夜の寒暖差がしっかりあった 良い年の2014年。 ケルナーの親にあたる リースリング×トロリンガー由来の オイリーな香りも。   ◯2017 FUMIZUKI ポテンシャルがバチバチと感じられるFUMIZUKIは飲み頃はまだまだ先。 上質な酸が、 果実のボリュームを支えてる感じの良いバランスの2017年。 2015年とも違う個性で変化が楽しみです! 貝柱の様な香ばしさも面白い!   ◯2014 NORAKEN yamarone ヤマローネは、 房ごと1ヶ月半に渡り陰干しをした 山ソーヴィニヨンを使った赤ワイン。 干し葡萄や苺、 ブルーベリーヨーグルトのような柔らかさと 複雑さが同居した味わい。 ちょうどワイナリーでは、 2019年のヤマローネが樽で眠っていたところ。 北海道産ワインのラインナップに、 こういう味わいのアイテムが加われば 益々様々なアプローチが出来そう! ペアリング欲をムクムクと掻き立てられる そんなワイン! 貴重なマグナムのテイスティング。 大変勉強になりました。 ありがとうございます!!   #農楽蔵 #北海道ワイン #akinagao #アキナガオ #札幌レストラン #札幌フレンチ #ワインペアリング #winepairing

WINE

【北海道ワインのペアリング遂に始まります!】

2019.9.11

【北海道ワインペアリングセット】 今までもご要望があればご用意していた、 北海道ワインのみで構成されるペアリングセット。   アキナガオにも、 リリースから数年経ち、ようやく飲み頃に入ってきたアイテムが増えて参りましたので、 【北海道ワインペアリングセット】を開始いたします! 公私共に親交のある函館の農楽蔵さん。 ノラルージュはコースのメイン料理に合わせられる程の 力強さと華やかさがあります! 写真にはありませんが、 限られた年にリリースされる[fumizuki]には本当に圧倒されます!   そして北海道、 いや、もはや日本を代表するワイン産地となった 余市地区の強力な皆さん。 先日のラフェトも大盛況でしたね! なんといっても、 ドメーヌタカヒコさん。 この方の造るピノ・ノワールの上品でいて、力強く、旨味のある味わいと言ったら… 北海道にいて良かったです。 ペアリングで多くの方に楽しんでいただきたい!! ドメーヌ モンさん。 ギュッと引き締まった酸味とジワジワくる旨味。 アキナガオのペアリングの常連です! 冬の定番、菊芋のポタージュとの相性は素晴らしい! そして、 ドメーヌ  アツシスズキさん。 白、赤、ロゼ、ほんのり甘い白…と皆大好きでラインナップしています。 羽幌の南蛮エビとのペアリングは定番のヨイチロゼで。 目でも楽しめる組み合わせ! 空知方面はバリエーション豊かですね。 中澤ヴィンヤード。 ご本人のお人柄が滲み出た優しくて繊細なワイン達! お馴染みのクリサワブランは、 今年の夏、つぶ貝とココナツソースの一皿に2015年のものを合わせていました。 北海道外や、海外の沢山のゲストにお喜び頂けました! 10Rワイナリー[トアールワイナリー]。 ブルースさんの造るワインが好きです。 写真にはありませんが、 余市のツヴァイは抹茶のソースとの定番、 塞翁が馬のケルナーはボンボン抹茶との定番で、日本らしいペアリングの完成です。 アキナガオを象徴するような組み合わせです。 こちらも味わいに多くのバリエーションがある、 コンドウヴィンヤードさん。 近藤さんのワインだけでもフルコースが楽しめるくらい個性豊か! 醸しの強いオレンジ色のコンコンも、 飴色のお料理と面白いです! 今年の春、 アキナガオのセラーに仲間入りした、 三笠の宮本ヴィンヤードさん。 飲み頃はきっとまだまだ先…。 これからどんな表情を見せてくれるのか、 楽しみですー! 我々がこの場所でレストランを営むということ、 北海道というこの場所を選んでいる事には沢山の意味があります。 地元北海道で、こんなにも沢山の食事を彩るワインが造られているなんて…感動です。 大切に大切に、 コンディションを見極めながらご提供してゆきます。 ご興味のある方は、ぜひ体感してください!! ———————————————- 【北海道ワインペアリングセット】 ¥12,000 (税サ別) ※全てのコースでお楽しみ頂けます。 ・前日までの要予約! ・全6〜7アイテム [変動あります] ———————————————- ※詳しくはお電話でお問い合わせください。